Syntax Highlighter Evolved

さて、前回の記事では、”Crayon Syntax Highlighter”についてご紹介しましたが、今回は”Syntax Highlighter Evolved”のご紹介です。こちらもPluginsからインストール可能です。

使い方は簡単です。WordPressのテキスト編集画面で、ソースコードとして表示させたい部分を、[言語名] ~ [/言語名]で囲むだけです。

たとえばこういうの

#include <iostream>

int main() {
std::cout << "Hello, World!"<< std::endl;
}

これは、以下のようにテキストの方に入力しています。

#include <iostream>

int main() {
std::cout << "Hello, World!" << std::endl;
}

こちらのほうが、作業の流れを中断されないような感じもありますね。ちょっとコードを表示したり、説明のために部分的に表示したりする目的の場合はこちらのほうがさくっとかけて便利な気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to Top