About

Qux(読み: キュー)は、2018年3月から活動を始めたものづくりユニットです。電子音楽や電気電子工学、日本文化研究、手芸などのバックグラウンドを持つ10代後半から20代前半の3人で、ものづくりの未来を夢想し日々活動しています。

私たちの目標

実現すべきことはモノと人、人と人をつなげることです。メイカーの作ったモノと、それを求める人、それを作る技術に興味のある人をつなげ、人と人のつながりによって以下のようなやりとりを発生させることです。

技術の共有

メイカーの持つ技術を他のメイカーと共有し合うことで、メイカー全体で高い技術を持つようになります

協力/共創

それぞれのメイカーの得意分野を活かして複数のメイカーが協力してものづくりをする。

技術の伝授

ものづくりを続けていくためには資金が必要なため、メイカーの作ったモノや活動に価値を与え、対価を得られるようにする。

アイデア

「こんなものがあったらいいな」という思いをメイカーに伝えることで、さらなる良いモノを作る機会を創出する。

このような人と人とのつながりが発生すると、他のメイカーのモノ、技術などから刺激やインスピレーションを受け、新しいプロダクトのアイデアを思いつくなど、メイカーの創造性が高まります。
しかし、このようなことを永続的に引き起こすためには、作ったモノや、それを販売することから新しいモノを作るモチベーションや資金などといったリソースを得ることが循環的にできるようにすることが必要です。私たちは、このサイクルを生む環境を整備することで、メイカーのものづくりは持続的に成長可能なものにしようとしています。

来歴

2018年2月 結成
2018年4月 アナログシンセを作り始める
2018年5月 MFT2018に落ちる
2018年7月 NT金沢に出展, LTを行う
2018年10月 NT名古屋に出展, LTを行う
2018年11月 同人ハードウェアmeetupに出展, LTを行う
2018年11月 アナログシンセビルダーズサミット2018に出展,プレゼンを行う

メンバー

Hana(代表)
慶應義塾大学SFC卒。
Qux全体のマネジメントをしつつ、回路設計やweb開発をしています。
普段はサウンドデザインを中心に、ソフト・ハードを横断した制作活動をしています。

Kohei
慶應義塾大学理工学部在学中。
Quxでは主に回路設計をしています。
普段は集積回路の研究をしています。

Moha
慶應義塾大学SFC在学中。
Quxでは主にグラフィックデザインとフロントエンドの実装をしています。
描画系のプログラミングをしたり舞台照明をしたりしている紅一点です。