プリント基板用CADソフトもんもん

はじめまして、Qux(読み:キュー)の後輩キャラと名高いモハです。 今日ノリで初めてのサブディスプレイをハードオフで買ったのですが、パソコンしやすくなって家に還るモチベが無事爆誕しました。ちゃんと家に帰っていこうと思います。 さて、Quxでは現在電子工作キットを制作中()なのですが、そのプリント基板作成に使うCADアプリの選定の経緯を残しておこうと思います。

オシレーター作成中

現在、Quxからの初めての作品としてオシレーターを作成中です。 周波数と音量が変えられるだけの簡単なものですが、気軽にシンセサイザーを楽しめるものになっています。

検索サジェスト(typeahead)の使い方

Webサイトを作っていて、でタグ検索などをすることはよくあると思います。そんな際に、これまでのタグのサジェストができればなと思うことはよくあるかと思います。そんな際に便利なのがtypeaheadというJavaScriptのプラグインです。

virtualenvとvirtualenvwrapperを使う

Python3の話です。 仮想環境を作りましょう。 「仮想環境」と言われて頭が混乱する人がいると思います。私も長らく混乱していました。仮想環境とは、システムのデフォルトの影響を受けない開発環境の事を意味するようです。プロジェクトごとにpythonや、それに伴ってライブラリのバージョンを分けることができます。

Djangoで、タグ付けをuuidとともに使う

Djangoで、投稿などにタグを付けたいと思うことがよくあると思います。また、それぞれの投稿にuuidを付けてる場合もあると思います。そんなときに簡単にタグを付けられるプラグインが、”django-taggit“というプラグインになります。 公式ドキュメントはこちら

project_nameの動きのイメージ

project_name/内のものがどのように動いているかをまとめていきます。 以下はproject_name/内のファイル構成のおさらいです。 [crayon-5cbaf5b3d6f33413209217/] project_name/内には、プロジェクト全体に対して影響を与える内容が保存されています。

mkvirtualenvが動かない

mkvirtualenvが動きません。 とすると、 となってしまいます。原因は不明です。判明したら記事を作成します。 現状ではvirtualenvwrapperがうまく使えないので、venvだけで でやってます。 昔作った他の環境に対してworkonは使えるんですけどね…

何故かvenvよりも/usr/local/binが優先される

djangoを使おうとして、環境変数を作り、django-adminを使おうと思いましたが、 とやって、 をして、 をしても が出てきてしまう… 一方 となってしまいます。原因は不明です。どなたか教えてください。 追記 再起動などした上で、~/.virtualenvs以下にあるdjangoenvを消去し、もう一度/bin/activateを読み込んだら解決しました。

Back to Top