Delay

音を遅らせて出力できます。つまみで遅らせる時間を変えられます。

使い方

iPhoneやAndroidの充電器パソコンのUSBポートなどと電源を接続します。

  • 左のオーディオジャックに音源をつなぎます。スマートフォンでも他のQuxの基板でもOKです。
  • 右のオーディオジャックにスピーカーをつなぎます。
  • Adjustつまみを回して音がきれいに出るように調整します。
  • Delay Timeつまみを回すと遅延時間を変えられます。音を鳴らしながら回すとビデオテープの早送り、スロー再生のようになります。

応用編

  • Send Returnと組み合わせると、ディレイをかける前後の音を混ぜることができたり、エコーがかかった音を出したりできます。

Caution

  • Adjustつまみでの調整をしていないと音が全く出ないことがあります。忘れずに調整をお願いします。

部品一覧

記号名前個数
P1基板用マイクロUSBコネクタ(電源専用)MRUSB-2B-D14NI-S3061
P2ピンソケットなど自由に1
R1, 10, 13抵抗器100kΩ(茶黒黃金)3
R2, 4~6, 15, 16抵抗器10kΩ(茶黒橙金)6
R3, 14抵抗器43kΩ(黃橙橙金)2
R7, 17抵抗器33kΩ(橙橙橙金)2
R8抵抗器22kΩ(赤赤橙金)1
R9抵抗器4.7kΩ(黃紫赤金)1
R11, 12抵抗器5.6kΩ(緑青赤金)2
R18抵抗器68kΩ(青灰橙金)1
RV1可変抵抗器200kΩ [204]1
RV2可変抵抗器50kΩ [503]1
C1, 3, 9, 11, 16電解コンデンサ3.3uF5
C2, 5, 6, 12~14フィルムコンデンサ2200pF[222]6
C4, 7, 8, 15積層セラミックコンデンサ220pF (221)4
C10電解コンデンサ22uF1
IC1, 4NJU7043D(オペアンプ)ICソケット4×22
IC2V3102(ディレイのドライバ)ICソケット4×21
IC3
V3205(ディレイ)ICソケット7×21
J1~2MJ-352-O(オーディオジャック)2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to Top