シンセに接触位置センサーをつなぐ

こんにちは。NYで軟禁生活を送っているHanaです。在宅しまくりで暇だったので、QuxのVCOに接触位置センサーをつないでみました。

やったこと

接触位置センサはSoftPotを使用しています。接触位置センサは可変抵抗みたいなもので、左右のピンに電圧をかけるとそれらが分圧された電圧が真ん中のピンから出てきます。

SoftPotをつかったの回路はこんな感じです。

softpot circuit

画像のほんの一部しか意味がない感じがしますね。便宜上USBを電源としてつないでいますが、ブレッドボードの赤には5Vを、黒側にはGNDを供給しています。

ブレッドボードからオーディオジャックに出力する際はは秋月電子のDIP化キットが便利です。今回はL, Rともに信号の線をつないでいます。

オーディオジャックをVCOなどのCVに繋ぐと接触位置センサで音程や音量を操作できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to Top