CV-Shield

ついにQuxがデジタルに手を出す!?QuxのシンセサイザーをArduinoでコントロールするためのArduino Uno R3 用のシールドを開発しました!QuxのシンセのCVに適応した信号を出すことができる、Arduino Uno Rev 3用のシールドです。ローパスフィルターを搭載しているので、ArduinoのPWM信号をCV信号として扱うことができます。Arduinoを使ってリズミカルにCV信号を出したり、各種センサーと連携させてCV信号を扱うことができるようになります。

使い方

ArduinoのPWM可能なピン(3, 5, 6, 9, 10, 11)がそれぞれオーディオジャックのJ1 ~ J6につながっています。analogWriteを使ってPWM信号を出力すると、ローパスフィルターを通った信号はQuxのシンセサイザー用のCV信号として使えるようになります。簡単な出力のサンプルコードはこちら(https://github.com/Qux/CV-Shield

応用編

A0, A1はオーディオ入力用として設計されています。入力信号を2.5Vを中心となるようにバイアスする回路が搭載されており、analogRead関数で読むことができます。2.5Vが基準となるようにバイアスされているということは、analogRead関数は入力信号がないときは511を返すことになります。Github上で取得できるライブラリを使えば、最大80kHzで信号を取得することが可能になります。取得した信号をどのように扱うかはあなた次第です。私たちにも未知数です。

部品一覧

記号部品名(抵抗、コンデンサ等は識別番号、色も)数量
R1 ~ R1010kΩ抵抗 茶黒橙金10
C1 – C6セラミックコンデンサ 0.047uF(473)6
C7, C8セラミックコンデンサ 10uF(106)2
J1 – J8縦型オーディオジャック MJ354WSG8
P5(基板上の記載なし)ピンヘッダ 1×101
P6(基板上の記載なし)足の長いピンソケット1×81
P7(基板上の記載なし)ピンヘッダ1×81
P8(基板上の記載なし)足の長いピンソケット1×61
P9(基板上の記載なし)ピンソケット/ピンヘッダ 1×101
P10(基板上の記載なし)ピンソケット/ピンヘッダ 1×81
5V/GNDピンソケット/ピンヘッダ 2×61

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Back to Top