Keyboard

電圧で制御する基板に CV 電圧を与える基板です。 8 つのボタンと出力電圧を設定するためのつまみ、 ポルタメント、CV/GATE 出力を搭載しています。


仕様

各つまみで出力電圧を設定し、つまみの真下にあるスイッチ を押している間設定した電圧を CV OUT から出力します。

上段にあるつまみはポルタメントです。つまみを回すと、 CV OUT から出力される電圧が推移するのにかかる時間を 設定することができます。 右に回すほど推移時間が長くなります。

GATE 出力からは、どれか 1 つでもボタンを押している間 は 5V、1 つも押していないときは 0V を出力できます。 こちらはポルタメントの値に関わらず、瞬時に変化します。

複数の Keyboard を横に連結していくこともできます。 この場合連結した Keyboard のうち一番右の Keyboard のポルタメントが全体に適用されます 。

使い方

それぞれのボタンに対し、ボタンを押しながらつまみを回し てちょうど良い電圧になるようにつまみの位置を決めます。 ツマミの位置を決める際は . ポルタメントは 0(一番左)に しておくと良いでしょう。


遊び方の例

1 : VCO と繋げて音を出す

チューニングすれば 8 音階のモノフォニックシンセサイザー になります。ポルタメントを掛けると音程が下がりきるまで音が鳴り続けます。

2 : GATE 出力を VCA に入れる


ボタンを押している間 VCA が 5V を受け取って音を出し、 離すと 0V を受けて音量が 0 になります。ポルタメントを 掛けるとアタックは音程が「ポオォ~ン」と上がって、ボタンを離した瞬間に音が途切れるようになります。

keyboard picture
キーボード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to Top