電圧制御発振器(VCO)

電圧制御発振器 (VCO) とは

Voltage-Controlled Oscillator の略で、電気の波を出すオシレータです。入力する電圧によって周波数を制御できるようになっています。

回路図

VCOの回路図

 

部品

記号 部品名 数量 備考 型番
C1 セラミックコンデンサ 470 pF 1
IC1, IC2 NJU7043D

ICソケット2×4

2
J1, J2 MJ-352W-O(オーディオジャック) 2
P1 基板用マイクロUSBコネクタ(電源専用) 1
P2 ピンソケットなど自由に 1
Q1 2SC1815(バイポーラトランジスタ) 1
R1, R6, R7 抵抗器 100 kΩ 3
R2, R3, R4, R8, R9 抵抗器 51 kΩ 5
R5 抵抗器 10 kΩ 1
SW1 SS12D01G4(スライドスイッチ) 1

※一部の説明書でC1の容量値に誤りがありました。ごめんなさい。

 

使い方

CV-Emitterや他のオシレータなどをCV Inにつなぎます。入力された電圧に応じて、音の高さが変わります。
右下のスイッチで波形(矩形波、三角波)を切り替えられます。

 

応用編

C1の大きさに応じて、最大周波数が変わります。最大周波数が高くなると、全体的に音域が高くなる印象になります。C1の値が2倍になると、最大周波数は半分になります。

 

C1の大きさとおよその最大周波数

C1の値 最大周波数
220 pF 16 kHz程度
470 pF 8 kHz程度
1000 pF 4 kHz程度
2200 pF 2 kHz程度
4700 pF 1 kHz程度

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Back to Top