周辺機器の入手方法

こんにちは。

最近は気温も下がり、冬がじわじわと近づいているのを、身をもって感じられるような時期になりましたね。今回は私たちの基板を作ったあと、使うときに必要な機材について、すこし補足説明(?)をさせていただこうと思います。


電源

まずは電源です。これがないと始まりません。原則、お手持ちのスマホやモバイルバッテリーの充電器(USB-Aで、5V1A以上出るもの)があれば動かすことができます。

ですが、たまに生じるのが、複数枚の基板を動かすときに電源がないという問題です。そういった場合は、以下のような多ポートのUSB電源をご使用ください。私たちがイベント等で使うときは以下の電源を使っています。

Anker PowerPort 6 (60W 6ポート USB急速充電器) iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus / 3DS / PS Vita / ウォークマン他対応 【PowerIQ搭載】

http://amzn.asia/d/0rNsmrZ

 

USBケーブル

こちらもAmazonなどで購入可能ですし、100円ショップなどでも購入できます。100円ショップのものを利用する場合、データ通信は必要ないので、余裕を持って充電専用の2A対応のUSB micro-Bのケーブルをご利用いただければと思います。

 

オーディオケーブル

こちらもAmazonでも100円ショップでも購入可能です。AUXケーブルや、3.5mmステレオミニケーブルなどと言った名称で販売されていることが多いです。もちろんヨドバシカメラなどの電気屋さんでも売っていると思います。

 

スピーカー

こちらはなくても問題はありませんが、可能であればAnkerのSoundCore 2やBoseのSoundLinkなどのアクティブスピーカーを使われると良いでしょう。

 


以上、必要な周辺機材についてでした。なにかご質問などあればコンタクトページからご連絡をお願いします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Back to Top